台湾高雄で和菓子と抹茶のワークショップを開催しました

台湾高雄の櫻花日語学園で和菓子と抹茶のワークショップを開催しました。

11070339_1134945329852244_6235395146716556728_o

ワークショップに参加してくれた櫻花日語学園の皆さん


去年の8月のことなのですが、台湾一周の旅をした際に高雄の櫻花日語学園でワークショップをさせてもらえることになりました。
このワークショップは、今回の世界一周の予行演習で開催しました。全てが、初めての挑戦で日本語学校である櫻花日語学園に飛び込みで訪問し、ワークショップ開催の交渉をしました。

櫻花日語学園の経営者である高山裕史さんには、ワークショップ開催に伴い大変お世話になりました。ありがとうございました。

ワークショップでは、「抹茶寒天ゼリーの作り方」と「抹茶の点て方」を教えることにしました。なんとワークショップには、15名もの学生が参加してくれました。

11950428_1134945006518943_8454733867024938126_o

抹茶を点てる台湾人の生徒


多くの学生が日本の文化に興味があり、特に抹茶には興味津々で真剣にワークショップに取り組んでくれました。

11942085_1134945056518938_2566667806676152996_o

抹茶に興味津々な台湾人の皆さん


しかし、実際に点てた抹茶を飲んでみると生徒の中には、「これが抹茶なんですか?」、「抹茶ってこんなに苦いんですか?」と質問してくる生徒が多くいました。

多くの生徒は、抹茶ラテや抹茶のお菓子の味を抹茶と認識していました。この味の違いを教えられる時が、ワークショップをやっていてとても嬉しな瞬間です。

11884966_1134944999852277_9200035621980707941_o

抹茶を点てて喜ぶ台湾人の生徒


このワークショップとは別に、「練り切りの作り方」と「抹茶の点て方」のワークショップも高雄のカウチサーファーのホストの家で開催しました。

11888546_1133522116661232_8879863912101745043_o

梅の練り切り作った台湾人の皆さん


練り切りを作るのは、とても時間が掛かりますが、仕込みから全てみんなでやりました。台湾にも、お菓子で季節を表すものがないらしく、とても興味を持って梅の練り切りを作っていました。

11893932_1133512536662190_4157726402069434504_o

練り切りと抹茶を作った台湾人の生徒


台湾で和菓子と抹茶のワークショップを開催したことで、世界各地でワークショップを開催して、和菓子と抹茶についてもっと知ってもらいたいという熱い意欲が湧きました。


コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。